受付時間 9:00~13:00/14:30~19:30
休診日 木・土(午後)・日・祝日

歯の再生医療など最新歯科医療はこちら

よくある質問

最新歯科医療

  • TOP
  • 最新歯科医療
最新の歯科医療とは

当院では最新の歯科医療機器を用い、全ての患者さんに最善の治療を行えるよう切磋琢磨しております。

CTスキャン

CTスキャン

院内デジタル化と同時に歯科用CTを導入しました。
これにより。困難症例のインプラントも安全に治療をすることが可能となりました。

選択可能な撮影範囲 -診断への近道

選択可能な撮影範囲 -診断への近道

症状にもよりますが、直径5cm×高さ5.5cmの小さい撮影プログラムや
上顎及び下顎を含む直径8cm×8cmの撮影プログラムで、日常診療の中で必要とされる画像の撮影は対応することができます。
直径5cm×5cm以下のサイズでは、患者さんのポジショニングが難しくなり、直径8cm×8cm以上だと撮影に時間が掛かるだけでなく診療に必要とされる以上の情報が撮影されます。
撮影する直径8cm×8cmの撮影プログラムでて供される画像は、ほとんどの診療に十分なサイズであり、歯内治療医師のためには100μmの高精細で小さいサイズの画像をも提供することが可能です。

2Dと3D画像の利点 -細部まで高精度なX線画像

2Dと3D画像の利点 -細部まで高精度なX線画像

HDモードとMARS(Metal Artifact Reduction Software)の組み合わせは100μmの
高精細な画像で、Endo症例に適した鮮明な3D画像を提供します。
ORTHOPHOS XG 3Dで提供する、パノラマ画像も3D画像も診断に適した画像クオリティであるため、診断に要する時間を短縮できます。

総合的なインプラントソリューション -X線を越えたCEREC-X線

総合的なインプラントソリューション -X線を越えたCEREC-X線

GALILEOSファミリーの広範囲撮影だけではなく、
ORTHOPHOS XG 3DもCERECと組み合わせることにより、
より正確な治療計画を立てると共に、計画に沿ったサージカルガイドや審美的な補綴物の制作に掛かる時間は最低限であることを求め、患者さんは安全な治療と審美的で機能的なインプラントにさらなる価値を求めます。

エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)

エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)

エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)の利用の仕方

1.硬組織への応用
<カリエス>無痛的に窩洞形成が可能である
2.軟組織への応用
口内炎、歯肉弁切除で無麻酔で行える
3.歯肉治療への応用
Er:YAGレーザーの最も活躍する分野であり、当院でも今まで困難であった歯肉外科が容易になり、
インプラント歯周炎にも対応できるようになりました。すなわち、不良肉芽を除去する時、移植も同時に行えるのが嬉しいです。さらに、吸収された骨を補うためにPRGFを用いた骨造成も容易になります。

PRGF-Endoret(骨造成)

PRGF-Endoret(骨造成) PRGF-Endoret(骨造成)

PRGF-Endoret 4つの特徴

1.組織再生を加速する増殖因子を最も効率的に応用
2.増殖因子を含む血漿(F2)とフィプリン(F1)を1回の遠心分離で同時に取得
3.白血球の層を完全に分離
4.CE認証やFDA証明を取得。

バリオサージ

バリオサージ

「バリオサージ LED」のコントロールユニットは、口腔外科専用に開発された高性能エンジンだからこそ実現した先進の 機能を満載。フィードバック&オートチューニング機能は、切削面や術部に合わせ緻密なパワーコントロールを自動的に行い、振動効率を極限まで高めることに成功。バースト機能は、一定の強さの振動に対し周期的により強い振動を加えることでハンマー効果を発生。顎骨の切削能力を飛躍的に向上させます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)の利用の仕方

歯を削る時に、目に見えないほどの細かな粉塵が空気中にたくさん飛び散ります。
口の中に入れるバキュームと呼ばれる吸引機だけで吸い込むことができない空気中に飛散した粉塵やウイルスを素早く吸引する機械です。院内を清潔に保つとともに、感染症予防対策のため、院内の全ての治療台に導入しています。

AED (自動体外式助細動器)

AED (自動体外式助細動器)

不測の事態に備えAEDを常設しております。